【和食の配膳】ご飯茶碗・味噌汁・おかずの正しい位置はどこ?

2013年、日本の食文化として「和食」がユネスコの無形文化材に登録されたました。
特有の風土と恵まれた食材、健康志向、おもてなし文化・・・どれをとっても誇ることができる日本の食文化ですね。

長い歴史の中で古くから大切に伝えられてきたことが食文化として今も残り続けています。
今回お伝えする和食の茶碗の位置もそのひとつです。


このような“しきたり”や“ルール”は一見面倒だと感じるかもしれませんが、客人を丁寧にもてなすための「おもてなし心」が根底にあります。

現代では当たり前のように行っている行為も、ひとつひとつに先人たちが大切にしてきた意味があります。
それを知ることは日本の食文化を理解する上でとても大切なことですね。


今日お伝えするのは、和食のお料理(器)の並べ方の基本です。
「なぜ?」・・・
その理由を知ることもあわせて学んでいきましょう♪

和食の基本は一汁三菜

和食の正しい配膳は、「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」を基本としています。
一汁三菜とは、日本の食事形式の特徴を表した言葉です。

まず主となるのが「ご飯」です。
ご飯と共に出される汁物が1種類で一汁、そのほかのおかず3種類(主菜・副菜・副々菜)で三菜です。

漬物はご飯に必ず添えられるものとして、数には数えません。

和食の基本の献立「一汁三菜」
  • 主食(ご飯)
  • 汁物(お味噌汁・お吸い物など)
  • 主菜(焼き魚・刺身、揚げ物など)
  • 副菜(煮物、蒸し物、和え物、卵焼きなど)
  • 副々菜(和え物、お浸しなど)

※お漬け物は、副々菜としては数えません。

現在の和食においては、副菜となるおかずが3種類でなくてはいけないと決められているわけではありません。1種(一菜)、2種(二菜)などさまざまです。


つまり、一汁三菜は、汁や副菜の数を単に示すものではなく、主食のご飯に対し副食を置き、漬物を添え、これを箸で食べるという様式をあらわす言葉です。

おかずの数に関わらず、家庭料理、郷土料理、精進料理、日本料理といった和食すべてにおいて、一汁三菜が基本です。
この考え方そのものが日本独特の食文化です。

茶碗を置く位置も、一汁三菜を基本としています。

和食の一汁三菜の正しい配膳位置は?

上の図は一汁三菜の基本的な茶碗の配置です。

手前にご飯と汁もの、奥におかずが基本です。
さらに「ご飯」は左手前、「汁物」は右手前、おかずはご飯・汁物の奥に、左から「副菜」→「副々菜」→「主菜」の順番です。
「漬け物」はお膳の中央に置くのが一般的です。

どうして「ご飯が左」で「汁物が右」なの?

ご飯を「左」、汁物を「右」に置く理由は諸説あります。

「左上位」説

「左上位」という和の文化がの基本となっているというのが有力です。


日本には古来より、「左を上位、右を下位」とする「左上右下(さじょう・うげ)」という文化があります。

これはもともと中国から伝わったものです。
唐の時代、「天帝は北辰に座して南面す」という思想がありましたが、この北辰とは北極星のことを指します。

皇帝が北極星を背にして南に向かって座ると、太陽は皇帝から見て左から昇り右へ沈みます。太陽が昇ることの方が、沈むより尊いということから「左上右下」という考え方が生まれたと言われています。


稲作国家の日本にとって、お米は神様が宿るありがたい食べ物であるとされてきました。
左上位の思想が一汁三菜の食文化にも応用され、主食であるご飯を左に配置するようになったというわけです。

「食べやすさ重視」説

日本人は右利きの方がほとんどです。
「お茶碗を持つ方が左手で、お箸を持つ方が右手」と、子どもに教えることもあります。

手に取る頻度が高いご飯茶碗が左にある方が扱いやすい(食べやすい)ためご飯は左に置くとした考え方です。


その他にも、ご飯茶碗より汁物の御椀の方が高さが低いので、奥にある主菜が取りやすいという考え方もあります。
主菜はたいてい、大皿に盛り付けられているので、皿を持ちあげることはせず置いたままいただきます。

この観点からも食べやすさを重視したものであると考えられますね。

左上位なのに、なぜ主菜は右?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aeb9cc5413b627700a50ae7ddd7206e7.png

一汁三菜の配膳をもう一度見てみましょう。

日本人は米をいちばんに考え、ご飯茶碗を左に置くという左上位説は有力であるとお伝えしました。

それでは副食はどうでしょう。
図を見ていただくとわかるように、主菜が右、副菜が左が正しい置き方です。

「え?主菜が左のほうがいいんじゃないの?」
と思うかたもいるかもしれませんね。


その理由は私たちの器の扱い方にあると考えられます。

和食の器は、左手に持って食べる器と持たない器があります。
基本的には左の手のひらに収まる大きさ茶碗や小鉢、しょうゆ皿は持って食べます。

魚や肉料理、天ぷらなどの主菜がのる比較的大きな皿は、左手に持つことはしません。


そのため、右利きが多い日本人にとっては、お皿が左にあるより右にあったほうが格段に食べやすいですね。


このように、一汁三菜を基本とした和食の配膳は、食べやすさや器の扱いやすさといった相手を気遣うおもてなしの心が大きく反映されているといっていいでしょう。



左利きの方の場合

では、左利きの方の場合はどうでしょう。
左利きの方の場合も茶碗や皿の位置は変えません。

お客様に出すときに、それじゃ不親切じゃない?
と感じるかもしれませんが、逆の配置はお供えものをするときです。


日本にはこういった「しきたり」を重んじる方もたくさんいます。
不愉快な思いをさせてしまうことも考えられますから、お客様を接待する際は特に注意したほうがよいですね。是非覚えておきましょう。

ただし、箸の向きは逆でもかまいません。
お客様が左利きだと分かっている場合には、お箸だけはあらかじめ逆にセッティングしておくと親切です。


とはいえ、自分で食べる食事や、気心の知れた仲間内であれば、食べやすさを優先して器の置き方を工夫してもよいでしょう。

お茶とお菓子の並べ方

日本料理では、コースの最後に果物や甘味などのデザートとお茶が出されます。
果物は水菓子ともいいます。

デザートの置き方は、お茶が右、お菓子が左です。


これは左手にお菓子を乗せて、右手で湯呑みを取つことを前提とした、お茶の飲みやすさを優先としる考え方です。


ただし、注意しなくてはいけない点があります。
特に招かれた立場であれば、やはり湯呑みは両手で頂くのふさわしいでしょう。

また、お菓子を手に取る際は「懐紙」(かいし)を使うか、お皿に乗っていればお皿ごと手に取り、楊枝などで一口サイズに切って口に運びましょう。

懐紙は種や皮が残るフルーツなどが出されたときにも重宝します。
種や皮は懐紙で包んで隠します。
最後まで美しくいただくことは、相手に対する思いやりですね。

お茶席だけじゃない【懐紙の便利な使い方】

まとめ

一汁三菜を基本とした和食の配膳位置をご紹介しました。

最近はSNSに自作のお料理を投稿する方もたくさんいます。
お料理の写真はとても人気ですね。

多彩な食材、健康志向、見た目の美しさ、独自に発展してきたおもてなし文化を背景に、和食は世界からも大変注目を集めています。

SNSは世界にも発信されるわけですから、日本人として自信を持って日本の食文化を伝えるためにも是非覚えておきましょう。

お箸のマナー【正しい持ち方と箸使いの基本】

お箸のマナー~絶対やめたい箸使いのタブー~

日本料理の種類~意外と知らない4つの料理~