知っておきたい!のし袋(祝儀・不祝儀)の基本マナー

結婚・出産をはじめとするお祝い、葬式・法事などお悔やみの気持ちとしてお金を包む御祝儀・不祝儀は、日本の伝統的なしきたりです。

この御祝儀・不祝儀を包む袋を御祝儀袋・不祝儀袋と言いますが、総称して「のし袋」とも呼ばれています。

これらにはたくさんの種類があり、それぞれにふさわしい使い方があります。

使い方を間違えると大変失礼に当たる場合がありますので、ぜひ知っておきましょう。

祝儀・不祝儀の意味

祝儀(しゅうぎ)とは?

祝儀は結婚式だけではありません。

慶事(喜ばしいお祝い事)などでのお祝いの気持ちや、これらに関わる互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金品のことをさします。

祝儀が贈られる事柄

誕生
七五三
入学・卒業
成人
就職
結婚
新築
還暦  など

不祝儀(ぶしゅうぎ)

葬儀・法事などの弔事のお見舞いや、それに関わる互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金品のことをさします。

不祝儀が贈られる事柄

病気見舞い
災害見舞い
葬儀
法事
年忌  など

祝儀・不祝儀の基本マナー

渡すタイミングは「早め」が基本

祝儀・不祝儀を渡す時期は内容によってそれぞれ違いますが、何事においても「早め」が基本です。

タイミングを逃すと、せっかくの贈り物も伝えたい気持ちが半減してしまいます。
「一般的なお祝い」は、知らせを受けたらできるだけ早く贈ることを心がけましょう。

入学や卒業、還暦祝いなど、事前に知っている場合は当日までに贈ります。
祝宴に招かれている場合は当日でもよいとされています。

ただし、出産祝いは無事に生まれたことに対するお祝いですので、出産日より早く贈るのはタブー

このように意味をしっかりと理解した上で贈るタイミングを考える必要があります。

大切なものとして扱う

御祝儀・不祝儀は、お祝いやお悔やみの気持ちを伝えるものですので、折れたり汚れたりしないように大切に扱いましょう。

お金を送るのに「のし袋」を使うのも、大切なものを扱っているからこそです。

また、相手の手に渡るまでは袱紗(ふくさ)で包み持ち歩くのがマナー。
急な場合は、小風呂敷を代わりに使ってもかまいません。

熨斗(のし)の意味を知ろう

お金でも品物でも、あらたまった贈り物であれば体裁を整えるのがマナーです。

祝儀・不祝儀の正式な体裁は、奉書紙などの和紙をかけて水引で結び、熨斗(のし)を添えます。

「のしを添えるってどういうこと?」

と疑問を思った方もいるのでは?

正式に熨斗(のし)とは、贈答品に添えるものの事をさします。

熨斗(のし)はもともと、鮑(あわび)を薄くして干した熨斗鮑(のしあわび)が由来となっています。
熨斗鮑は古来から縁起物とされ、長寿の象徴としてお祝いごとには欠かせない物とされてきました。

神仏や贈答品に添えられていた熨斗鮑はやがて簡略化され、近年は熨斗鮑に見立てた黄色い紙を紅白の紙で包んだ熨斗を贈り物の右上に貼るのが定着されてきました。

さらに現在、自由にデザインされた熨斗がたくさんあり、贈答品につける目印のような役割になっています。

祝儀の場合、水引の結び方とおなじように、熨斗の有無には注意が必要です。

水引の結び方の基本

水引の結び方は大きく2つに分けられます。

①結びきり

結婚・弔事・全快祝いなど

結びきり

結びきりはほどけないことから、二度三度と繰り返したくないという意味があります。

結びきりには「あわじ結び」「真結び」などがあります。

②蝶結び(花結び)

出産・七五三・入学・成人・長寿・新築など

ほどいて結び直せることから、何度繰り返してもよいというお祝い事やお礼などに使います。

目的や金額に合った袋を選ぶ

のし袋には、様々な種類があります。
目的や金額に合ったのし袋を選びましょう。

特に注意するポイントは「水引の結び方」「熨斗(のし)の有無」です。

慶事

◆水引
結婚に使われる水引の結び方は、あわじ結びや真結びなどの「結びきり」です。

一方、出産・入学など、何度あってもよいお祝いは「蝶結び(花結び)」を使います。

◆熨斗(のし)
通常は熨斗(のし)付きですが、結納の金包など付けない場合もあります。

◆その他の注意
結婚祝いでは、金額にあわせてご祝儀袋の大きさや水引飾りを合わせるのがマナーです。

弔事

◆水引
仏式では、葬式、法事ともに水引の結び方は結びきりです。
水引の色は白黒、または双銀です。

◆熨斗(のし)
熨斗(のし)は付けません

◆その他の注意
神式の葬式・法要も仏式に準じますが、絵柄がないものを選びましょう。

キリスト教では、十字架やゆりの模様が印刷された専用の袋が売られているほか、無地の白封筒でも代用できます。

お見舞い


のし袋を使う場合は、紅白の結びきりの水引で、熨斗(のし)がないものを選びます。

袋の左側に赤い線が入っているだけの見舞い専用のものもあります。
できるだけ地味にするのが基本ですので、こちらがおすすめ。

目上の人でなければ、白い封筒でもかまいません。

災害見舞い白い封筒を使います。

郵送する場合

祝儀・不祝儀は本来、直接持参してこちらの気持ちを伝えることが望ましい姿です。

しかし、遠方であったり都合がつかず、どうしても伺うことができない場合もありますね。

この場合は郵送することができます。
郵送する場合は、目的に合った袋(のし袋など)にお金を入れ、表書きや氏名も忘れずに書いて現金書留封筒に入れて送ります。

このとき、挨拶の言葉を一言添えた手紙を同封すると、より丁寧に相手にも気持ちが伝わりますね。

親しい仲間に♪様々なデザインののし袋

現在は文房具店や専門店をのぞくと、カラフルなのし袋が数多く並んでいます。

上包みの色だけ見ても白のほかに、ピンク・水色・黄色・赤・紺・花柄など実にカラフルです。
水引も、松竹梅・鶴亀といった縁起物や、ハートや四つ葉のクローバーなどをモチーフをあしらった個性的なデザインも増えてきましたね。

豪華な結婚祝いのご祝儀袋だけでなく、出産や入学などのバリエーションも豊富です。

ごく親しい友人の結婚式や、孫の入学祝いなどでは、かしこまったのし袋よりも、こうしたカラフルなのし袋の方が気持ちが伝わることもあります。

贈る相手や内容に応じて、上手に使ってみてくださいね。

のし袋の選び方~目的別3つのポイント

のし袋(ご祝儀・香典)へのお金の入れ方~中包みの使い方