お茶席だけじゃない【懐紙の便利な使い方】

お茶席で「懐紙(かいし)」は、欠かせない茶道具の一つです。
懐紙=茶道具というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

そもそも懐紙自体を知らないという方もいるでしょうし、知っていても懐紙をお茶席以外で使おうという方は多くないでしょう。

懐紙は、「敷く」「包む」「書く」「拭く」など、様々な場面で重宝する優れものです。
また、上手に懐紙を使う姿は美しい所作を演出します。

この記事では、意外と知られていない、お茶席以外で使える懐紙の便利な使い方を紹介していきますね。

懐紙とは?

懐紙は、その字の通り「懐(ふところ)に入れて携帯するための和紙」です。
平安時代から今日に至るまで、メモ用紙、ハンカチ、ティッシュ、便せんなど、様々な用途で使われてきました。

懐に入れるというのは、普段着が着物だった時代。
現在でも和装のときは懐に入れることができますが、ほとんど洋服で過ごす私たちにとって「ハンカチを洋服のポケットに入れて持ち歩く」ことと同じ感覚ですね。

今日では、改まった会席料理や茶道の席、和装の際などに使われることが多い懐紙ですが、本来は「書く」「拭く」「敷く」「包む」といった様々な用途で自由に使うことができるものです。

懐紙の種類

本懐紙と呼ばれる懐紙の一般的な大きさは、男性用17.5×20.6㎝、女性用14.5×17.5㎝です。

白無地が多く使われますが、現在では色付きのものや、季節の行事や草花、干支が描かれたものや、透かしや浮き彫り加工したものなど、お洒落な懐紙がたくさん売られています。

また、お菓子などの食べ残しを包みやすいよう片側が袋状になったものや、水分の多いお菓子に使うために防水加工されたものもあります。

懐紙の基本的な使い方

懐紙はあらゆる場面で使うことができる大変便利なものです。
厳しい決まりがあるわけではありませんが、基本はおさえておきましょう。

懐紙は必ず二つ折りの束になっています。

基本的には何枚かを重ね、折り目を手前にして使います。

汚れたものは裏返してたたみ、持ち帰るのが正しいマナーです。

お茶席での懐紙の使い方

本来懐紙は亭主側が用意するものではなく、懐紙を使う客側が持参するものです。

ですが、大寄せの茶会など自由に参加できる茶会では懐紙が必要がない場合もあります。
その場合、菓子司の名入り一枚ものの紙が使われることもありますが、これも広義には懐紙に含まれます。

主菓子や干菓子を取り分ける

濃茶や薄茶をいただく前には主菓子(おもがし)および干菓子(ひがし)が出されます。
客側はこれを取り分ける際に手元の皿代わりに使います。

懐紙は束のままで、折り目(わさ)を手前に置いて扱います。

取り箸(黒文字など)を使ったときは、箸をそろえて懐紙の右上の角を1枚めくって折り返し、押さえるようにして拭き清めます。

いただくときには懐紙ごと左手にあずけていただきます。

食べ終わった後は下から1枚だけめくり返し、粉などが落ちないように汚れた面を内側にして折り、着物の懐や袂にしまいます。

飲み口や指を拭く

濃茶の場合は、茶碗の飲み口を直接懐紙で拭きます。
(小茶巾と呼ばれる専用の布や紙でぬぐう場合もあります)

一方、薄茶は飲み終わった後に茶碗の飲み口を指でぬぐいます。
その指を懐の懐紙で拭き清めます。

菓子を包む

出されたお菓子を食べきれないときには、懐紙に包んで懐や袂にしまいます。

懐紙の便利な使い方

https://honnoshirushi.com

これひとつでなにかと重宝する懐紙。
こちらでは、おすすめの懐紙の使い方を紹介しますね。

食事の際のペーパーナフキンとして

現在、日本ではテーブルにペーパーナフキンが備え付けてあるお店が多いですね。
あるととてもありがたいペーパーナフキンですが、ないお店でも懐紙がペーパーナフキン代わりになります。

口を拭くだけではなく、指先を拭いたり、テーブルのちょっとした汚れをぬぐったりこぼしたものをふき取ることもできます。

敷き紙・コースターとして

お菓子などを取り分けたるときに、敷き紙として使うことができます。

また、コースターとして使えば、グラスについた水滴でがテーブルやデスクを汚すことがありません。

食べ残しを包む

お茶席でも紹介したように、お菓子などの食べ残しを懐紙に包んで持ち帰ることができます。

懐紙の中には持ち帰りに便利な袋状になったものや、水分の多いお菓子などのために吸水しにくいものもあります。

メモ用紙や一筆箋に

とっさにメモをしたい時にはメモ用紙として使うことができます。
懐紙は和紙でできており見た目にも上品ですので、一言添えたいときの一筆箋としても大変重宝します。

心付けを渡すときに

日本では、諸外国のように良いサービスに対してチップを渡すことはありません。

日本のホテルや旅館などでは「サービス料」として料金に含まれていることがほとんどです。
この場合、心付けは基本的には不要だといわれています。
しかし、部屋に専属の仲居さんがついたり、手厚いおもてなしを受けたときは、感謝の気持ちを表す形として心付けを渡すのも良いでしょう。

心付けは現金を渡すことがほとんどですが、その場合、現金が見えないようにポチ袋や懐紙に包んで渡すのが日本における心付けのマナーです。
懐紙を持ち歩いていれば、とっさの場合も心付けをスマートに渡すことができます。

ハンカチの代わりに

吸水性がよく手触りの良い懐紙は、手洗いの際に手を拭くことができ、しかも捨てられるので非常に衛生的です。

まとめ

懐紙が、意外にもいろいろな用途で使えることがおわかりいただけましたでしょうか。

現在は、お洒落な懐紙を売っているお店もたくさんあります。
季節毎やその日の気分で変えてみるのも楽しいですし、使い方を知っていれば、ちょっとしたプレゼントにも大変喜ばれますよ。

外出先でなにかと重宝する優れもの。
大人のエチケットグッズとして、バッグにひとつ忍ばせてみてはいかがでしょうか。

日本料理の種類~意外と知らない4つの料理~

【和食の配膳】ご飯茶碗・味噌汁・おかずの正しい位置はどこ?