お箸のマナー【正しい持ち方と箸使いの基本】

箸を使うことは私たち日本人の生活の一部ですね。
箸の正しい持ち方や使い方を身に付けることは、美しい所作につながるだけでなく、箸を扱いやすく料理を食べやすくしてくれるというメリットもあります。

この記事を訪問してくださった皆さんは、正しい箸の持ち方や箸づかいが必要だと感じていらっしゃることでしょう。

一度ついてしまった箸づかいの癖を直すことは難しいと思われている方も、「直そう」「正しい所作を身に着けよう」と取り組むことで必ず直すことができます。

大切なのは、努力ではなく「意識」です。


箸づかいの作法は一生もの。
この記事では、正しい箸の持ち方・扱い方を写真を使って説明していきますね。

箸の持ち方・動かし方

箸の正しい持ち方

まず、箸1本から始めます。
箸の右から三分の一くらいの位置で、親指の付け根から薬指の第一関節のあたりに渡すように乗せます。
さらに親指で押さえて固定します。

もう1本はペンを握る要領で、人差し指と中指、親指も添えて持ちます。

1本ずつ持つ要領がわかったら、まず初めに下の1本(写真①)を固定してから上の1本を持ってみましょう。

動かし方

下の箸は固定したまま動かしません。
3本の指で持った上の箸だけを、開いたり閉じたりして食べ物をはさみます。

箸を扱い方

箸の取り方

① そろえた箸の中央を、親指・人差し指・中指で上から持ち、取り上げます。

② 左手で、下から受けるように持ちます。

③ 左手で箸を支えたまま、右手を箸に沿ってすべらせ下に回します。

④ 手のひらを返し、下から受けるように持ちかえます。
  右手の親指を、箸の右から三分の一くらいの位置で止め、箸の間に中指を入れて正しく持ちます。

※箸の置き方は、逆の順番です。

箸袋、箸置きの扱い

箸袋に入っている場合は箸袋から出し、いったん箸置きに箸を置きます。

箸袋はお膳の左側に、口を向こう側に向けて縦に置きます。
改めて箸を取り上げます。(「箸の取り方」と同じ)

箸置きがなかったら…
箸置きがない場合は、箸袋を代用したり、お膳の縁にかけて箸先がお膳に直接触れないようにします。

食事中、つい器に箸を乗せてしまいがちですが、これは「渡し橋」といって箸づのかいタブーとされています。

お箸のマナー~絶対やめたい箸使いのタブー~

割りばしの割り方

割り箸は横に寝かせ、扇を開く要領で押し開くように割ります。

※写真は分かりやすいようにテーブルの上で割っていますが、実際には箸をひざの上あたりまで下ろし、テーブルより低い位置で静かに割るのが正しいマナーです。

食事が終わったら…

食事が終わったら箸袋に箸を戻し、箸袋の端を少し折っておきます。
こうすることで、箸が使用済みである目印となります。

箸袋がなかったり、箸袋を箸置き代わりにしてしまった場合は、懐紙があれば箸先を懐紙で簡単に巻いておくとよいでしょう。

お茶席だけじゃない【懐紙の便利な使い方】

まとめ

正しい箸の持ち方から箸づかいの基本を説明しました。
普段づかいでは少し窮屈に感じるものもあったかもしれませんね。

あくまでも食事は楽しくいただくものですから、所作を気にするあまり食事を楽しめなくなっては元も子もありません。

普段から意識しておくことで、食事に招待されたときや、かしこまった席でも自然とふるまうことができます。


そしてもう一つ大切なことがあります。

箸は日本人である私たちの礼儀作法の基本です。
ですが、他人の所作が間違っていたからといって、そこに目を向けるのはマナー違反です。
マナーは人を思いやることであり、それを求めるものではないからです。

美しい所作を通じて創られる豊かな時間。
箸の持ち方ひとつから意識してみましょう♪

日本料理の種類~意外と知らない4つの料理~

【和食の配膳】ご飯茶碗・味噌汁・おかずの正しい位置はどこ?