袱紗(ふくさ)の選び方・使い方~慶事と弔事の違いは?

結婚式のご祝儀袋や葬儀の際の香典は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。

のし袋を裸で持ちあるくことは避けたいので、袱紗(ふくさ)が手元にない場合は、ハンカチや小風呂敷などで代用することも可能です。

いずれにしても、相手に贈る大切なものとして扱うことこそが袱紗の本来の意味です。

この記事では、袱紗の種類や使い方を紹介していきますね。

そもそも袱紗って何?

袱紗(ふくさ)とは、贈り物である金品を包んだり覆うことに使う儀礼用の絹布です。

結婚式での祝儀袋や葬儀での香典袋を持ち歩く際、汚れやしわ、水引の崩れを防ぐ目的で使われます。

また、袱紗で包むことは、相手を大切に思い相手と嬉しさや悲しさを共有するという気遣いでもあります。


袱紗(ふくさ)の由来は、貴重品を納めてある箱の上に、ほこりや汚れ避け、日焼け防止として掛けられていた風呂敷が始まりであると言われています。

現在ではおもに冠婚葬祭の際に熨斗(のし)袋を包む用途として使われています。

つまり、袱紗(ふくさ)を使うことは決して儀式的なことではなく、贈りものを汚さないように丁寧に扱うという相手を思いやるマナーだと言えます。

袱紗の種類(形)

袱紗の形は、大きく「包むタイプ」と「挟むタイプ」に分けることができます。

包むタイプ
  • 風呂敷タイプ
  • 爪付きタイプ
  • 台付きタイプ
挟むタイプ
  • 金封袱紗

包むタイプの袱紗

爪と台が両方付いている袱紗

正式な場面で使われる一般的なものは、正方形の風呂敷タイプのものです。

これに包みが開かないように留められる爪が付いているものが爪付きタイプです。

風呂敷タイプや爪付きタイプは、小さく折りたたむことができるので、小さなかばんを持ち歩くときには便利ですね。

風呂敷タイプに熨斗(のし)袋をのせる台が付いている台付きタイプもあります。
熨斗袋の折れや型崩れを防ぐことができます。

また、これらの爪と台が両方付いているタイプもあります。

挟むタイプの袱紗

挟むタイプの代表的名もが「金封袱紗」です。

封筒のように挟むだけなので、開閉がとても簡単で一連の動作もスムーズに行うことができます。

前述した風呂敷タイプの袱紗が正式ではありますが、金封封鎖は使いやすさから最近では老若男女問わず人気です。

袱紗の種類(色・柄)

袱紗にはさまざまな色や刺繍などで柄が入ったものがあります。

思わず自分好みの素敵なデザインのものを選びたくなってしまいますね。ですが、ちょっと待ってください。

袱紗には、結婚式などの慶事で使用するものと、葬式・法事などの弔事にふさわしいものとがあります。

特に「色」は、選ぶときの重要なポイントです。

色のチョイスを間違えると、大変失礼になることがありますので注意しましょう。

慶事にふさわしい色・柄

慶事にふさわしいのは、赤・オレンジ・黄色などの暖色系です。

慶事で使う袱紗に描かれる絵柄としてふさわしいのは、鶴・亀・鳳凰・松・竹・梅などです。

そのほかにも草花などが刺繍で描かれた袱紗もあります。
これらは比較的華美になりやすいので慶事で使いましょう。

弔事にふさわしい色

弔事にふさわしい色は、紺・グレーなどの寒色です。

弔事で使う袱紗に描かれる絵柄としてふさわしいのは、蓮・菊・蘭などです。

華美にならないものを選びましょう。

※男性は柄の無い紫色が無難であるとされています。

「紫」は慶弔どちらもOK

は慶弔どちらでも使用することができるので、1枚用意するなら紫がおすすめ。

ただし、「薄紫」は暖色に含まれ、慶事用とされる場合が多いので、なるべく濃い紫を選ぶと安心ですね。

袱紗の包み方

袱紗の包み方は、慶事・弔事で違いますので覚えておきましょう。
ポイントは、慶事では袱紗を右開きに、弔事は左開きにすることです。

包み方の手順はこちら。

慶事の際の包み方

  1. 袱紗をひし形に広げ、熨斗袋を中央よりにのせる。
  2. 袱紗の角を中に折り込む。
    【折り込む順番】左→上→下
  3. 最後にかぶせるように右側を折り込み、余った部分は裏へ折り返す。

弔事の際の包み方

弔事の包み方は、慶事の際とは左右上下の順番が変わります。

  1. 袱紗をひし形に広げ、熨斗袋を中央よりにのせる。
  2. 袱紗の角を中に折り込む。
    【折り込む順番】右→下→上
  3. 最後にかぶせるように左側を折り込み、余った部分は裏へ折り返す。

袱紗は絶対に必要?

袱紗(ふくさ)の本来の目的は、「贈り物を汚さずに運ぶこと」です。
御祝儀や香典は相手に贈る大切なものですので、裸で持ち歩くことは避けたいものですね。

また、わざわざ袱紗を使う必要があるのか?
と言われれば、その意味においては、かならずしも袱紗を使うことにこだわる必要はないという考え方もできます。

フォーマルだった結婚式も、現在では親しい人たちだけを招待してパーティー形式にするなど、時代とともにカジュアルになってきました。

それにともなって、袱紗を使わない場面も許容されてきています。

繰り返しになりますが、袱紗を使うのは相手を大切に思えばこその気遣いです。
袱紗がなければ、きれいなハンカチや小風呂敷に包むなどで代用しても良いでしょう。

丁寧に取り扱うことを、常に心得ておきたいですね。