還暦・古希・喜寿…長寿のお祝い一覧|「数え年」「満年齢」いつ祝うのが正解?!

日本には古くから、長寿をお祝いする風習があります。これを『賀寿』といいます。
60歳に赤いちゃんちゃんこなどをプレゼントして祝う「還暦」のお祝いは有名ですね。

「還暦」からお祝いするのが通例になっていますが、これは現在ほど平均寿命が長くない時代に始まったもの。時代を経て、平均寿命が延びるにつれて、新たな賀寿が加えられてきました。

この記事では、長寿のお祝いの種類と由来を一覧にしてまとめています。

 

スポンサーリンク

長寿祝い(賀寿)のはじまり

長寿の祝いの歴史は古く、中国の儒教に由来すると考えられています。
儒教思想には、長寿の方に詩を贈る「敬老精神」が根付いており、現在でも日本で70歳を祝う「古希(こき)」などは、まさしく中国の詩から伝えられたものです。

日本での長寿の祝いは、奈良時代には定着していたと考えられています。
記録(「東大寺要録‐一・本願章第一」)によるとその頃の年齢は40歳。

室町時代以降、77歳の「喜寿」以降のお祝いがはじまり、江戸時代に庶民にも広がったといわれています。

 

長寿祝いの総称は、「賀寿(がじゅ)」のほかに「算賀(さんが)」「年祝(としいわい)」「賀の祝い」など様々な呼び方があります。現代は数え年で60歳の「還暦」から始まり、120歳の「大還暦」まで作られています。

とはいえ、人生100年時代と言われる現代、60歳は若々しく長寿という言葉は到底相応しくありませんね。
現在は定年退職を65歳まで引き延ばす企業もありますし、自営業であれば70歳、80歳でも現役でバリバリと仕事をしている方もたくさんいます。

現代の「還暦」は、長生きを祝うというよりは、「第2の人生スタート」という意味合いで祝うのがふさわしいかもしれません。

それもあってか、「還暦」から祝うのが通例ではあるものの、最近は「古希」あたりから本格的な長寿のお祝いをすることも多くなりました。

 

スポンサーリンク

長寿祝いはいつ祝う?「数え年」と「満年齢」の考え方

年齢の数え方には、「数え年」と「満年齢」とがあります。

「満年齢」とは?

生まれた日や基点となる最初の年を「0歳」「0年」として、以後1年間の満了(誕生日の前日)ごとにそれぞれ1歳ずつ年を加えていく考え方です。

欧米諸国ならびに現代の日本においても、一部の厳密な定義を除いて、一般的な年齢の表現方法です。

「数え年」とは?

生まれてから「関わった暦年の個数」で年齢を表す方法です。
生まれたときを1歳とし、以後元日が来るごとに1歳加算されます。

 

現在、一般的に使われている「満年齢」から、「数え年を割り出す」には下のような計算になります。

【「満年齢」から「数え年」を割り出す方法】

元日(1月1日)から誕生日の前日の24時直前・・・「満年齢+2歳」
誕生日から大晦日(12月31日)24時まで・・・「満年齢+1歳」

 

長寿のお祝いは「数え年」「満年齢」どちらでお祝いしてもかまいません。

もともとは、さまざまお祝い事には「数え年」が使われていましたが、現在は「満年齢」でお祝いすることが多くなりました。

 

ただし、60歳の「還暦」と120歳の「大還暦」は、「生まれた歳の干支に戻る」意味があるため、同じ干支となる「数え年」でお祝いするのが一般的です

 

また、お祝いをする日をいつにするかも、正式には決められていません。

節目にあたる「満年齢」で行うなら誕生日頃、「数え年」で祝うなら該当年の正月過ぎに行うのがふさわしいといえますが、もちろん還暦のお祝いをお誕生日にしても問題はありません。

誕生日に近く家族が集まれる日であったり、お正月に家族が集まるタイミングでもいいでしょう。国民の祝日である「敬老の日」にお祝いしてもいいですね。

 

スポンサーリンク

長寿のお祝い「賀寿」の種類と由来

ここでは、一般的にお祝いされる賀寿を紹介していきますね。
それぞれ、お祝いに良いとされる色がありますので、贈り物を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

還暦(かんれき):60歳(数え年で61歳)

還暦は、60年で十干十二支(じっかんじゅうにし)が一巡してもとの干支(暦)に戻る(還る)ことに由来しています。
「本掛還り(ほんけかえり)」とも言われます。

つまり、生まれたときの干支に一巡し「赤子に戻る」という意味で、赤いちゃんちゃんこなど、赤色の品物を贈るようになったといわれています。

現在は、ちゃんちゃんこや頭巾などよりも、赤い財布や小物などを贈る方が増えています。赤には魔除けの意味もあり縁起がよいとされるため、健康や安全が守られるように願って贈ると喜ばれるでしょう。

「還暦」は、生まれた歳の干支に戻るため、厳密にお祝いしたい場合は「数え年」でお祝いします。

長寿祝いの色:赤・朱

 

古希(こき):70歳 

中国の詩人が詠んだ詩の一節に由来しています。

唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債(しゅさい)は尋常行く処(ところ)に有り 人生七十古来稀なり」(酒代の付けは私が普通行く所には、どこにでもある(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)が典拠。(引用:Wikipedia)

長寿祝いの色は

 

喜寿(きじゅ):77歳 

「喜」の文字を草書体にすると、「喜」の形が「七・十・七」に見えることからきています。「喜の字の祝い」とも言われます。

長寿祝いの色は

 

傘寿(さんじゅ):80歳 

「八十寿(やそじゅ)」とも言う。
「傘」の文字の略字「仐」を分解すると「八・十」となることに由来しています。

長寿祝いの色は金茶。似た色で黄・金・オレンジなども使われます。

 

米寿(べいじゅ):88歳 

「米」の文字を分解すると「八・十・八」となることに由来しています。

長寿祝いの色は金茶

 

卒寿(そつじゅ):90歳 

「卒」の文字の略字「卆」「九・十」と読めることに由来しています。

囲碁盤に星が9個あることから、囲碁界では「星寿(せいじゅ)」「聖寿(せいじゅ)」と呼ばれます。

長寿祝いの色は白または紫。

 

白寿(はくじゅ):99歳 

「百」の文字から一を引くと「白」となることに由来しています。
つまり、あと1歳で百歳になるという意味です。

長寿祝いの色は白。
(白寿以降は白です)

 

百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ):100歳 

字の通り、100歳のお祝いです。
「紀寿(きじゅ)」とも呼ばれ、これは100年で1世紀になることに由来しています。

さらに、「百賀(ひゃくが)」とも言われ、この場合、百歳からは「賀」を使い(101歳は「百一賀」)毎年祝います。

長寿祝いの色は「白」。

 

茶寿(ちゃじゅ):108歳 

「茶」の文字を分解すると「十・十・八十八」となり、すべて合わせると108になることに由来しています。

長寿祝いの色は「白」

 

皇寿(こうじゅ):111歳 

「皇」の文字を分解すると「白(99歳)・一・十・一」となり、すべて合わせると111になることに由来しています。

 

大還暦(だいかんれき):120歳(数えで121歳)

2回目の還暦を迎えます。
「還暦」と「大還暦」は、生まれた歳の干支に戻るため、厳密にお祝いしたい場合は「数え年」でお祝いします。

長寿祝いの色は「白」

 

スポンサーリンク

長寿のお祝い、どう祝う?

長寿のお祝いの仕方はさまざまで、家族なのか、恩師なのかなど、間柄によっても変わりますね。

一般的に、身内であれば家族で集まって食事会を開くことが多いようです。
ご自宅でもいいですし、お店の個室で少しあらたまったお祝いをするのもいいでしょう。

恩師やお世話になった方などの場合は、関係者で祝宴を開くこともあります。

 

贈り物の選び方と金額の目安

相場は、1万円から10万円です。

品物で贈る場合は、長寿にふさわしい高品質のものをが良いでしょう。

洋服や小物は本人の好みに合わせたり、趣味の道具などは日頃本人を見ている人に相談してみるといいですね。色選びで悩んだら、節目のお祝いに良いとされる色にするのがおすすめ。良い記念にもななります。

いずれにしても、使いやすさや安全面に考慮することが大切です。
特に食べ物を贈る場合には、本人の健康状態に考慮して選びましょう。

 

お金を贈る場合は、のし袋に包みます。
水引は紅白か金銀の蝶結び、熨斗が付いたものを選びます。

表書きは、「御祝」「祝○○(卒寿など)」「長寿御祝」など。

 

郵送で送る場合は、誕生日や、祝宴が催される場合は前日に着くように送りましょう。

 

 

まとめ

第二次世界大戦が始まった年が1939年(昭和14年)。
徴兵検査が義務付けられた20歳だった青年は、現在生きていたら104歳。身をもって戦争を体験した方はごく希になってしまいました。
それでも、その年に生まれた方が現在84歳。私の近くにも大変元気でハツラツとしている84歳の方がいます。現在では決して珍しいことではありませんね。

長寿のお祝いは、ご家族や離れて暮らすおじいちゃんおばちゃん、お世話になった方に、敬いと感謝の気持ちを伝える、とてもよい機会です。

それと同時に、これからも元気で心穏やかにお過ごしくださいという願いを込めて、大切な方の長寿をお祝いしましょう!

スポンサーリンク